海と宇宙と鉱物とカフェ Andart ブログ

ふたりの作家が、Tokyoの海に こっそり隠した
ちいさな宝箱のような “秘密のアトリエ”
「 A n d a r t : アンダート」

モノづくりの街 東京都台東区より
"海と宇宙と鉱物"をテーマとした
ジュエリーや作家作品、アンティーク等を
ご紹介するAndartの公式ブログです。

Planetary GearとHeuroka,アトリエの日常も…。

貴方だけの 特別な宝物を
探しにいらしてくださいませ。
 
 
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「水星奇譚 第四夜 -原点回帰-」終了のごあいさつ | main | 【 Planetary Gear 】ウェディングアイテムのオーダー制作。 >>
# 【 Heuroka 】「おいしそう」なジュエリー【 tsubu:yori 】。

 

鉱物がお好きな方ならば、一度はそれらを「おいしそう…。」と感じたことがあるのではないでしょうか?

 

かくいう私も その一人なのですが、

なぜ食べられるはずもない鉱物をそのように感じるのかと、思いを巡らせてみたのです。

 

もしかしたら それは色や形が美しく、透明感や照りがあり、結晶のひとつひとつがキラキラと輝いてみずみずしく、新鮮に感じるから…なのではないでしょうか?

 

 

Heuroka【tsubu:yori】

 

 

おいしいとは本来、「好ましい」「優れている」「見事だ」といった意味の『美し(いし)』に、形容詞化する接尾語『』と丁寧にする接頭語『』をつけた言葉なのだそうです。

おいしいの単語の中に、意味は違えど「いし」の言葉が登場するのは、なんだか鉱物とゆかりがありそうで つい嬉しくなってしまいます。

 

 

なぜ、このような事をつらつらとお話ししたのかと言いますと、Heurokaがこの夏よりお届けする【 tsubu:yori 】(粒選り=つぶより)シリーズのコンセプトが「おいしそうなジュエリー」だからです。

 

 

Heuroka【tsubu:yori】

 

 

>原石の一粒一粒を選りすぐって 見て、確かめて。

形状や劈開性、色の濃淡に照りや煌き方など、選りすぐった一粒一粒の「個性」を見極め、美しい部分のみを抽出し、ジュエリーとして安心してお使いいただけるようお仕立てをする。

 

 

Heuroka【tsubu:yori】

 

 

天然で品質のよい原石と、原石が好きだからこそ、その魅力を引き出す技から生まれてきたHeurokaの【 tsubu:yori 】シリーズ。

 

 

【Heuroka】

 

 

大切なのは、いい塩梅。

手をかけすぎるのではなく、一粒一粒の原石のもつ輝きや形、美しさはそのままに。

 

Heurokaは、美しいや可愛らしいのその先の、心が喜び、自然と求めるジュエリーの制作をいたします。

 

 

 

Heuroka【tsubu:yori】

 

 

2017年7月23日の朔(新月)よりAndartにてお披露目致しますので、ぜひご覧にいらしてくださいますと嬉しいです。

 

 

 

Heuroka

jeweler&designer橋本 文香

 

 

Blogテーマ:ジュエリー

| - | - | 06:17 | category: 【 Heuroka 】 |